IP分散サーバーのSEO対策・サテライトサイト利用について考察

サテライトサイトには、やはりIP分散サーバー

サテライトサイトを複数・構築し運用していこうと考えているならば、やはり、IP分散サーバーと中古ドメインの組み合わせは最強です。

サテライトサイト毎にドメインとIPアドレスを分散させることはマイナスになる行為ではないですし、
SEO効果の期待が持てるならやっておくべきだからです。

IP分散の必要な場合とは

レンタルサーバーを借りて、独自ドメインを利用してサテライトサイトを複数または、大量に運用していこうと考えている場合は、IP分散サーバーが適しております。

これは、SEO業者や被リンクを販売している業者などが主に利用している手法になります。

なぜIP分散を行うのか

IP分散は、SEO対策を施してSEO効果をアップさせる為です。
IP分散サーバーを利用することでどのようなSEO効果が考えられるのでしょうか。

考えられるメリットや効果

被リンク対策をする場合、自然に被リンクを獲得していればIPやドメインも分散されていきます。
ですが、自作自演で行っていたり無料ブログなどのサービスでサテライトサイトを構築して被リンクを獲得している場合、Googleなどの検索エンジンからはスパム判定される可能性が高く
ドメインやIPに偏りが出てしまい不自然な被リンクの集まり方になってしまいます。

こうした不自然な被リンクではなく、IP分散サーバーを利用してサテライトサイトの作成や被リンク対策を行うことで、自然な検索エンジン対策にすることができます。

IP分散がされていることが直接的なSEO効果を発揮するのではなく、不自然なIPの偏りをなくすことで自作自演とみなされるリスクを減らし結果的にサテライトサイトの効力を発揮することに繋がります。

特に、中古ドメイン・IP分散サーバーとの組み合わせは、非常に効果的でリスク軽減・SEO対策の成果向上になるケースが多くあります。

クラスCの分散

IP分散を行うにあたり、覚えておきたいのはクラスCの分散です。
クラスCとはIPアドレスの部分を指し、例えば「111.222.333.444」というIPアドレスであれば、「333」の部分になります。

クラスCの箇所を被リンクをカウントや評価する上で、Googleは重要視しているのでクラスCの部分を分散できているか意識しておきましょう。

お勧めのIP分散サーバーは、こちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. サイトを運用する上で大切なことの1つとして、レスポンスの速さがあります。同じコンテンツが掲載されてい…
  2. mixhostへのサーバー引っ越しを中止した理由は? 2016年6月にサービスを開始し…
  3. ここで紹介しているアナハイムエレクトロニクスのIP分散サーバーは、IPアドレスをCクラス以上で分…
  4. アナハイムエレクトロニクスのCクラスIP分散サーバーは、CクラスレベルでのIP分散がで…
  5. 国内サーバでクラスタ化による高速サーバ、アダルト可、アフィリエイト可という文言に釣られて「さ…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る